地方創生コミュニティ ”観光まちづくり大学”の概要

地方創生事業で中核となる「観光まちづくり」の学びのコミュニティ

 

今、「地方創生」が叫ばれていますが、地方創生とは地方にビジネスを生み出すことに他なりません。地域にある資源に価値を与えて、市場と価値の交換をすることが地方活性のビジネスです。では、どのようなビジネスを創出するのでしょうか?

実は、アイディア次第で誰もが可能となる「観光」という市場を対象とすることは、まさに地方再生の中核的な考え方と言っても過言ではありません。

衰退する地域を活性化すべく様々なアプローチを実行した 末、2010年に国の成長戦略のひとつとしての「観光立国・地域活性化戦略」が掲げられ、「観光」がかつてないほどの注目を集めるようになりました。

地域活性において、雇用・生きがいの創出、地域経済波及効果のために、様々な効果が期待できる「観光」は不可欠なのです。

 

しかし、全国で行われている観光の担い手養成は、殆ど失敗に終わっています。

その理由は、おおよそ次の3点によります。

①地域の全体戦略を考えず、地域資源を単品で商品化していること 
②観光は○○であるべきだという分析、評論の域を出ず、実態がないこと
③観光を事業として継続させるための「経営戦略」の視点と実行が欠けていること

&Natureではそのような背景を受け、観光に経営戦略の視点を持ちながら地域振興を実行できる学びのコミュニティ”観光まちづくり大学”を開設しています。

 

地域の「宝」を発掘し、冨に変える力を身に付ける「観光まちづくり大学」とは

main07_s

「観光アプローチで地域活性化を実行しようとする人」を対象に、観光にマーケティング、経営戦略のノウハウを持ち込むことで一つの観光商品を単体で造成することから地域全体の観光戦略まで俯瞰出来る力を養い、実際に稼働するためのノウハウ・スキルを学ぶコミュニティです。

代表の竹田がこれまでに創り上げてきた地域活性の事例(一次情報)をベースに、観光がもたらす地域へのインパクト(正の面、負の面)を学び、さらに「地域を一つの事業主体と捉えた戦略」を構築することで、その地域ならではのサステナブルなビジネスモデルを創り上げます。

本コミュニティでは、様々な事例を多数提供することで、観光まちづくりの「引出し」の容量を広げます。また、豊富なネットワークを活用し、観光関連の第一人者を招聘、一次情報を基盤とした実行フェーズのノウハウを共有します。

 

地域活性化に興味のある方なら誰でも参加が可能ですが、特に以下の方を対象としています。

・いつかUターン、Iターンで、衰退するふるさと(地域)を元気にしたい、と考えている方
・地方自治体で働こうとしている方
・旅行会社で働いている方、または働こうとしている方
・趣味で観光商品を作ってみたいという方
・ソーシャルビジネスに興味のある方
・地方在住で起業したい方 など

 

 扱うテーマ例

 

1. 観光と地域の関係① 「観光は地域おこしに有効な手段となり得るのか?」

地域おこしとはそれによって「地域が活性化すること」ですが、どのような状態を示すのでしょうか。活性化には様々なアプローチが考えられ ますが、「観光」は本当に有効な手段なのでしょうか。サスティナブルな地域活性化を目指した観光のあり方、地域活性化における観光からのアプローチについて学びます。

2. 観光と地域の関係② 「観光が及ぼす地域へのインパクトを知る」

観光は公害がないといわれますが、本当にそうでしょうか。観光とは地域の資源を利用しそれによって地域へ経済効果をはじめとする様々な効果をもたらす一方で、環境、地域伝統文化、地域住民へ少なくない影響を及ぼします。観光による地域おこしで必要な理念とは何か、どうやってコントロールすればいいのでしょうか。

ケース; ハワイマウイ島とモロカイ島、沖縄県伊江島

3. 観光地域経営戦略  「地域を一つの経営主体と捉えた戦略構築、事業ドメイン」

観光による地域づくりには「着地型の観光商品造成が重要」とされていますが、これはあくまで手段であって、戦略ではありません。観光ビジネスを行う上ではマーケティング、経営戦略の視点が欠かせませんが、それをさらに地域全体として観光戦略を持ち実行しなくてはいけません。一方で地域が戦 略を持つことは現実的でしょうか。戦略とはなにか、地域住民との関わり方も含め地域が戦略を持つことの意味を考えます。

ケース; 黒川温泉

4. 観光地域づくりプラットフォーム

地域の観光ビジネスにおける実行フェーズを、ニューツーリズムという視点でそのビジネスモデルを捉えます。地域にある資源に価値与えて生み出される観光ビジネスとは何か。観光ビジネスが発展する過程と地域の方向性との関連性について。

ケース;雪国観光圏、南信州観光公社

5.  ニューツーリズムとビジネスモデル 「事例から観光ビジネスの本質に迫る」

限られたリソースからスタートし、その後事業として成功させたその理由は何でしょうか。地域資源を利用して事業を成功させた事例を見ながら、そこに事業の普遍性、本質を見出すことができるのか、考えます。

ケース;妙高市アスリート市場創造

6. ニューツーリズム商品・サービス造成のための具体的、実行レベルの手法

実際に観光ビジネスをスタートする場合、何からスタートするべきでしょうか?実際に商品造成を通じて、事業化・地域おこしへの道筋、ボトルネックの方向性を掴みます。事業計画書、コンプライアンス、助成金利用法、プロジェクト行程管理手法等。

7. グループで観光ビジネスを立ち上げる模擬演習と発表

一つの観光商品を単体で造成することから地域全体の観光戦略プランまで、実際に稼働できるレベルを目指し、最終的に事業計画書を作成します。出来上がった事業計画は、全体でディスカッションを通じ企画のブラッシュアップを図り、実際の稼働を目指します。

 

※次回実施日が決まり次第、観光まちづくり大学の特設サイトにて告知します。

PAGE TOP