メンバー/実績紹介

代表取締役 竹田英樹(たけだひでき)

竹田英樹

新潟県妙高市出身
(一社)日本農林漁家民泊推進協会 専務理事
経営学修士(MBA)

学生時代はバックパッカーとして放浪し、ホームステイの魅力に引き込まれ、1988年、近畿日本ツーリスト入社、教育旅行を担当、日本初の企画を次々と実現させる。
実家が農村地域の限界集落出身ということで、観光業界における農家民泊の需要創造に情熱を燃やし、観光による地域振興をライフワークとする。
2008年、着地型観光ポータルサイト運営の株式会社ティー・ゲート創設メンバーとして参画し、Webを通じた観光コンテンツビジネスを行う。
2014年、社会起業大学の営業統括兼講師を経て株式会社AndNatureを創業。

所属、講師経験等

JTREC旅行電子商取引促進機構理事(2014年)
(財)生涯学習開発財団観光地域づくりプロデューサー養成講座講師
(財)日本余暇文化振興会監修「ニューツーリズム技能者養成講座」講師
駿河台大学現代文化学部非常勤講師(2012)
社会起業大学講師(2014)

その他、観光庁重点地域観光圏コンダクター専門委員、農水省グリーンツーリズム推進協議会専門委員、内閣府オーライ日本沖縄パネラー、京都府海の京都観光推進委員などの行政の専門委員を歴任。

 これまでの実績

  • オーストラリア人と協働でニセコ地域アウトドアプログラム開発(ニセコの黎明期における中核を担う)
  • 長崎県池島炭鉱観光開発→端島(軍艦島)観光のきっかけを作る
  • 沖縄東村でマングローブの森を活用した体験企画
  • 白神山地で平安時代から続くマタギの工藤氏と教育旅行プログラム開発
  • 沖縄県伊江島にて日本で初めて高校生の沖縄民泊修学旅行需要創造
  • 大地の芸術祭における公式ツアーWebシステム開発
  • 河口湖大石地区ペンション村活性化
  • 陸前高田市における修学旅行プロデュース(被災地沿岸部における初の民泊修学旅行誘致成功)

 他多数。

取締役 藤井崇(ふじいたかし)

1980年生まれ、千葉県出身。
学生時に児童養護施設を支援する団体「Family」を立ち上げ、1年で100名を超える大学生と子どもを結び付ける。大学卒業後は近畿日本ツーリスト株式会社に入社、教育旅行部門に配属され学校営業を担当する。過疎地の農村に都会の中高生がホームステイをする「民家泊修学旅行」の企画販売に力を注いだ。過疎地が活性化する様子を目の当たりにし、ソーシャルビジネスに関心を抱く。多くの学校と関わる中で教育に対する想いが高まり、サステナビリティやクリエイティビティをテーマとした教育を創るべく、2011年より社会起業大学に参画、2013年学長に就任。
2014年10月に株式会社AndNatureを創業し現在に至る。