常に自然と一緒に

And Natureの思い

And Natureは人間の活動は常に自然と一緒にある、というところに会社としての存在理由を求めている。

人は美しい自然の風景を見るとき、誰でも心を動かされる。

 

なぜか?

それは、人はどこから来たのか?という普遍的な問いに対する問いへの答えと同じ文脈で説明できる。

人間の存在そのものが自然の中にあるのだ。

だから自然環境の変化は生態系だとも言える。

今、人間はその存在をして、「自らその生命を危うくする生態系への変化」に影響を与えている。

その変化は大きなものから小さなものまで様々だ。

そして自らの生命を危うくする生態系への変化に人間は危機感を募らす。

And Natureもその危機感を共有する一人だ。

そして、多くの自然を愛する人とその危機感を共有しながら、活動していく。

 

農業(漁業、林業などの一次産業全般を総称)は、人間が命を繋ぐ活動の最前線にある。

美しい自然と農業、このテーマがAnd Natureが存在する領域だ。